読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安くてごめんなさい?ユーリー・ノルシュテインがクーポン知らずの格安価格です

おすすめ
日が沈んで、あたりが薄暗くなってきた頃、はりねずみは、仲良しのこぐまの家に出かけました。絵本にしてははじめから最後までダークな色で占められていますが内容ははりねずみのかわいらしさと優しさがよく表されています。絵が大変きれいで、柔らかな印象の絵本です。

いまオススメの商品!

2017年02月11日 ランキング上位商品↑

ユーリー・ノルシュテインきりのなかのはりねずみ [ ユーリー・ノルシュテイン ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

こちらも是非。切り絵のコマ撮りアニメーション作家、ユーリ・ノルシュテインの代表作の絵本。その途中、立ち込める霧の中にたたずむ白い馬に出会います。絵本の力を強く感じる一冊です。詳細は絵本を見て下さい!このハリネズミの人形も結構有名ですよ。著者は物語の展開と絵と言葉とが相互に高めあい、愛の温もりをみごとに表現し切っていると書く。はりねずみは白い馬のところへ行きたくて、思い切って霧の中に入っていきますが・・・。暗い映像の中にも、温かみのある内容で気持ちがほんわかとします。孫の誕生日プレゼントに適当な絵本を探していたのですが!自分用に手元に置きたくなっています。。絵本好きの娘のリクエストで購入。心の豊か子になって欲しいです。二人で星を数えるために。心が癒される絵本の1つだと言えます。残念なのは字が読みにくいというか見えずらいので改善されるといいなと思います。星の見え始めた青い夕暮れに!はりねずみは『のいとごの蜂蜜煮』をおみやげに!ともだちのこぐまくんをたずねに行きます。まだ!内容も絵も理解出来ませんが!読み聞かせの為に購入しました。最後にこぐまと並んでいる姿には心がほこっとします。柳田邦男著『言葉の力生きる力』の中で「言葉の息づかいー休日には絵本を一冊ゆっくりと」で紹介されていた。幻想的なアート作品なので、絵本でも、1シーン、1シーンが美しく、ノルシュテインの世界が楽しめます。こぐまが大好きな、野いちごのはちみつ煮を持っていきます。もうこの出だしだけで、ぼんやりしてしまうくらい好きなのですが、道の中ではりねずみは様々な出来事にあいます。幻想的な雰囲気に引き込まれます。映像を観ているので、絵本を読みながら、音楽や独特の動きが蘇えります。子どもには難しいかと思ったのですが!一回でお気に入りになり!おやすみ前にしずかに読んでいます。ユーリ・ノルシュテイン作品集に収められている「霧につつまれたハリネズミ」を絵本にしたものです。